大和逍遥   

別に運営している「三友亭雑記」というブログのバックアップである。

HARD TIMES COME AGAIN NO MORE・・・年末のご挨拶にかえて(今年の10大ニュースを含む)

年の瀬も押し詰まった今日、世情に疎い私も人並みにこの1年を振り返ってみたいと思いつつ、あちらこちらのメディアの公表する今年の10大ニュースなるものに目を通してみた。以下に示すのは、共同通信社のもの。当社は全国の加盟新聞社、民放契約社の編集・論説担当者らが報道現場の視点からの投票で選んだとのことで、ある意味偏りの少ない結果を示していると思われるのでここで参照することにした。

【1位】東日本大震災東電福島第1原発事故

この件については誰も異論のない1位かと思う。2011年3月11日、この国を襲ったこの厄災は、震度7マグニチュード9.0の日本観測史上最大規模の震災であったこと、ここで私が云々するほどもなくみなさんがご承知のことである。死者・行方不明者はあわせて2万人を超え、この数字の中には幾人かの私の知人・親戚もその数の中に含まれる。私の生まれ育った町も跡形もなくその姿を奪われた。あれこれと思いはある。しかしながら書き始めれば、私の中からわき出るそれは際限がなくなる。だから・・・この件について今日はもう書かない。

【2位】菅首相が居座りの末退陣、ドジョウ野田内閣誕生

居座ったかどうかは別として、まあ・・・誰が首相であったとしても同じようなことしかできなかったんじゃないかなと思う。そして誰がその後を引き継いだとしても・・・

【3位】サッカー女子W杯、なでしこジャパン世界一

残念ながら私にはあんまり興味がない。かえって楽天のマー君の沢村賞受賞のほうがうれしかったかな・・・・サッカーフアンの人、ごめんなさい。

【4位】円が戦後最高値を更新、円売り介入、輸出産業苦境に

輸入産業は?・・・円高の恩恵の方にはあんまり縁がなかったような気がする。経済の仕組みに疎いのでどうもその辺りのところが理解できない。

【5位】野田首相がTPP交渉参加を表明

参加しなければならないとする側の理屈も、反対の側の思いも、どっちも分かるような気がして、どっちがよかったのか私には判断できない。参加した場合としなかった場合のメリット・デメリットをならべて説明してくれたらわかりやすかったのにと思う。この件に関してはかなり前から論議があったことは知ってはいたが、その説明が国民に向けて充分に時間をかけてなされていたかどうかという点になると・・・どうも、疑問だ。

【6位】東電が初の計画停電、夏は15%節電

ようは原発が今ほど無くても何とかなることを証明できたということ。かつて反原発の論議が盛んになされていた頃、原発を推進する側の脅し文句に、それから先の電力不足があったが、この夏を何とか過ごしたことでその論拠はだいぶ弱くなったのではないかと思う。まあ、素人判断なので確信は持てないが・・・少なくとも、原発だけに頼るあり方は考え直されなければならないでろう。

【7位】政府要請で浜岡原発停止、九電ではやらせメール問題

浜岡原発の停止は・・・まあ、世論の動向を考えても仕方なかったのではないかと思う。やらせメールについては、九州電力だけにあったことではないと思う。

【8位】大阪ダブル選で橋下氏、愛知トリプル選で河村氏側完勝

それぞれの自治体の住民の選択が本当によかったのかとの思いは強い。もちろんあれだけの指示を受けてこの結果を得たのだから、その政策の遂行はどうぞ御勝手にとは思う(個人的にはもちろん反対)のだが、その手法はどうもなじめないものを感じる。同じなじめないもの感じている辺見庸の一文を引用する。

≪幻燈のファシズム ― 震災後のなにげない異様 ―≫ 人びとの情動は、おそらく戦後もっとも大きなゆれ幅で日々うねりをくりかえしている。知りあいの古老によれば、いまの社会的心状はむしろ戦時につうじるものがあるという。ものごとは国家、地域、集団、組織優先が当然とされ、生身の個人はのどもとまででかかった異論を呑みこんでしまう。 教員に「君が代」の起立斉唱を義務づける条例案が大阪府で提出されたのはそんなときだった。複数回違反すれば懲戒免職とするのだそうだ。おどろいたのは、その恫喝的で戦時統制的な中身だけではない。あたかも条例案提出をすかさずあと押しするかのように、君が代斉唱時の起立を命じた校長による職務命令は「思想・良心の自由」を保障した憲法十九条に違反しないという判断が、最高裁の上告審判決で示された。うたえと命じられているのにあの歌をうたわない者、立てと命じられているのに起立しない個人は、社会から排除してもよろしいと言わんばかりだ。惘然(もうぜん)として天をあおぐ。大津波の映像をはじめてみたときの、信じがたく、よるべないおもいがぶりかえした。大震災と原発事故でかつてない心的外傷を負ったこの国は、だれもそうはっきりとは自覚しないにせよ、今風のファシズムのただなかにいるのではないか。 この件について、世論はしかし、いたって静かである。毎日のように震災に負けない日本人のつよさ、がんばり、きずな、おもいやり、団結がこれでもかこれでもかと報じられ、「ふるさと」や「上を向いて歩こう」がおもいをこめてうたわれ、他方では、さしもたくさんの人の命をのんだ海で若者たちがサーフィンに興じ、競艇も競馬も競輪も客足をとりもどしつつある。被災地からはなれた場所での日常復元の速度はあきれるほどである。七十年以上まえに石川淳が小説「マルスの歌」に記したスケッチをふとおもいだす。「たれひとりとくにこれといって風変わりな、怪奇な、不可思議な真似をしているわけでもないのに、平凡でしかないめいめいの姿が異様に映し出されるということはさらに異様であった」。日本的ファシズムの淡彩描写でこれほど虚をつく文はない。日本型ファシズムの特質は、人があえて争わない諧調にあり、表面はとても異形には見えないところにある。石川はそれを戦争の実時間にあって勇気をもって活写しえたじつに数少ない作家である。石川のいうなにげない異様を、わたしはいまに感じる。 かつて君が代をうたわなかった先生たち、起立しなかった人びとが、いまはすっくと立ち、明らかな声にしてうたうのだそうだ。そのような人びとの内面はあまりにもつらく、たわんではいないか。そうさせているものはなにか。あの歌をうたわないですむ会社や組織に同質の異様はないのか。うたいたくない者に直立不動でうたわせる社会はまっとうだろうか。石川淳ファシズムの季節の光と影のゆがみについて書いている。「ひとびとの影はその在るべき位置からずれてうごくのであろうか。この幻燈では、光線がぼやけ、曇り、濁り、それが場所をゆがめてしまう」。問題はむろん、テレビが放(ひ)りだしたガスのような大阪府知事ひとりにあるのではない。わたしたちひとりびとりの、あるべき位置からのずれを、醒めて見つめるべきではないか。(6月6日北海道新聞夕刊)

長い引用になってしまった。しかしながらこのニュースの重要性は私にとってそれに値するような出来事であった。故に個人的にはこのニュースが第8位に位置づけられていることが理解できない。もっと上位・・・2位ぐらいに位置づけてもよいのではないかと思う。なぜなら・・・事と次第によってはこれからのこの国の形に大きな影を落とすような出来事なのだから・・・

【9位】小沢民主党元代表を強制起訴、元秘書3人は有罪

敢えて言う。小沢が起訴に相当するようなことを行っていないとは私とて信じていない。けれども彼が、そのことで起訴されるようなミスをおかすとは思えない。してみれば、今回の起訴にはそれだけの根拠があったとはとても思えない。だから、逆に今回の起訴は、小沢ならこれぐらいのことはやりかねないとの世論(思い込み?)におされての起訴のように思えて仕方がない。とすると、逆にそこに今の世の中に対する一抹の怖さを覚えずにはいられない。

【10位】八百長問題で大相撲春場所中止、25人が角界追放

歴史的に言えば、相撲は神聖な行事。占いごとであった。したがってその勝負は、万民(支配者?)に都合のようにつかなければならなかっただろうから、相撲には八百長は付きものといってよい。ただ・・・今回の件は万民(支配者)のためではなく、力士個人のためであったことは問題だとは思う。

1位から10位までのこのニュースを眺めた時、明るいニュースと言えるのは・・・「なでしこジャパン」の活躍ぐらいであろうか。あとは・・・心沈むような出来事ばかりである。まあ、例年、十大ニュースとはこんなものだといえばそこまでだが・・・今年は・・・尋常ではない。ついつい悲観的な感慨にふけってしまう自分がここにある。

そんなときは・・・心、暖まる・・・そんな歌を聴いてみたいものだ。

フォスターの「HARD TIMES COME AGAIN NO MORE」だ。もとは英語の歌なので語学には疎い私には、その内容は訳詩によってうかがい知るしかない。が、こんな年の暮れには、こんな優しい歌を聴いて夜を過ごすのにしくはない。