大和逍遥   

別に運営している「三友亭雑記」というブログのバックアップである。

虹を・・・新年のご挨拶に代えて

Photo0040

2012年・・・新しき年が始まりました。

今年こそ幸多き年となりますよう心からお祈り申し上げます。


穏やかな元旦であった。いつもの年のように我が家の玄関先は大神神社への参拝客で賑わい、昨年、あのような厄災があったことがまるで嘘のような年の始まりであった。

無論、今日の一日がそんな日であったからと言って昨年のあらゆる災いごとがチャラになってしまうわけではない。今もなお生活の立て直しにもがき苦しんでいる方々はまだ大勢いらっしゃるだろうし、悲しみ癒えずこの年を迎えた人も数えきれないほどいらっしゃる。けれども、だからこそ・・・新しく迎えたこの年が、今日のこの穏やかの一日のような、そんな一日であってほしいと心から思う。

ところで・・・そんなふうなことを昨年末以来思い続けてきた私であるが、そんな私の胸中を離れない歌があった。新しき年に幸多かれ、希望よ多かれと願う私の胸中に・・・

以前、一度紹介したことのある曲なので少々気が引けるのだが、今、この曲が私の脳裏を離れない。

この映画の舞台になったのはスパリゾートハワイアンズ。東北・関東にお住まいの方にはなじみのある施設名であろう。ただ、この名は1990年の改名によるもので、私にとっては常磐ハワイ(正式には常磐ハワイアンセンター)の呼び名の方がなじみ深い。

小学校の・・・3年生ぐらいのことであっただろうか。3が日も終わり、小学校が始まったばかりの最初の日曜日。昼食(鮭のお茶漬け)をしこたま食べた後のことだ。父がおもむろに、車に乗れという。私は何も思わずに母とともに車に乗った。車は父のお気に入りのブルーバード。

その時・・・おや、と思ったのは、母が大きなバッグを手にしていたこと。いったいどこに行くんだろうとおもながら窓の外を眺めていると、どうやら仙台の方に向かっているらしい。松島を過ぎたあたりで父は言った。

明日は学校を休め・・・

小さな会社を経営して多忙であった父の旅行の切り出しはいつも唐突であった。休みがいつ取れるかわからない。取れると決まったら即決だ。子供の都合などあったものじゃあない。おかげで何度学校を休んだことか・・・自慢じゃあないがめったに風邪をひかない私が学校を休んだのはこんな父の付き合いがほとんどであった。その日も昼食前に明日の休日が決まったらしく、この日の常磐ハワイ行きも私の昼食中に決まったらしい。

常磐ハワイは・・・1966年、福島県いわき市(かつては磐木平市とよばれていたような?)・・・かつてこの国の代表的な炭田であった常磐炭田の掘削の際にあふれ出る豊かな温泉を利用しての施設であった。国策の転換により石炭産業はこの国において時代遅れの産業となった。幾つもの山がすったもんだの結果として閉山していった。ここ常磐炭田とてその例外ではなかった。人員整理は1955年に始まった。そこで炭鉱労働者やその家族の雇用を創出するため、さらに同社の新たな収入源確保のため、炭鉱以外の新規事業を立ち上げることになった。それが常磐ハワイアンセンターである。

この辺りのいきさつについては私がここで云々するまでもなく映画「フラガール」を見れば明らかなことである。そして、2011年3月11日。この町に再び危機が訪れた。

そして・・・この町は再びその危機を乗り越えようとしている。詳しくは、下のリンクをご覧いただければと思う。

http://ganbappe.j-cqn.co.jp/intro/index.html

http://blog.livedoor.jp/hawaiians/

正月早々、少々・・・いや、かなりとりとめのない文章になってしまった。いつもそうじゃないかと言われれば返答もできないのであるが、今日のこの文は・・・我ながら述べようとしていることが分裂気味だと自覚できる。何せ元日のこととてお屠蘇気分が過ぎているのだとご寛恕していただければありがたい。ただ・・・今日ご紹介した「虹を」という歌に託した私の思いだけお察しいただければさいわいである。