大和逍遥   

別に運営している「三友亭雑記」というブログのバックアップである。

大伴家持と藤原久須麻呂と・・・上

万葉集の巻の四の末尾に、ここ数年常に気にかかっている歌群がある。この国最古の歌集である万葉集を、おそらくは今我々が見る姿に近いものへと仕立て上げた歌人大伴家持と、平城の御代の中期から末期にかけて権勢を誇った『恵美押勝』こと藤原仲麻呂の子、藤原久須麻呂との間に交わされた次の7首である。


大伴宿祢家持報贈藤原朝臣久須麻呂歌三首

春の雨は いやしき降るに 梅の花 いまだ咲かなく いと若みかも

夢のごと 思ほゆるかも はしきやし 君が使の 数多(マネ)く通へば

うら若み 花咲きかたき 梅を植ゑて 人の言繁み 思ひぞ我がする

又家持贈藤原朝臣久須麻呂歌二首

心ぐく 思ほゆるかも 春霞 たなびく時に 言の通へば 

春風の 音にし出なば ありさりて 今ならずとも 君がまにまに

藤原朝臣久須麻呂来報歌二首

奥山の 岩蔭に生ふる 菅の根の ねもころ我れも 相思はざれや

春雨を 待つとにしあらし 我がやどの 若木の梅も いまだふふめり

万葉集巻四・786/792


まず、最初の「大伴宿祢家持報贈藤原朝臣久須麻呂歌三首」についてである。太字表記にした「報贈」とは何らかの働きかけに対して「報(コタ)へ贈」ることを言う。

天平17年あるいは18年(746)の春ごろに交わされたと推定されるこれらの歌の第1首に「梅の花 いまだ咲かなく いと若みかも 」とあるのは当時11、12歳であっただろうと推定される大伴家持の娘。それにしきりに降りかかる「春雨」とは藤原久須麻呂の求婚をさす。まだ自分の娘は若すぎると、父家持は丁重に断りを入れているのだ。続いて2首目においてしかしながら、その求婚に対しては充分に感謝している旨を述べ、その上で3首目において、幼い愛娘への、おそらくは突然に思えるような求婚に戸惑う親の心が歌い、理解を願っている。

しかし、久須麻呂からは、重ねて求婚の意思表示があったのだろう。家持は再び2首を久須麻呂に贈る。「又家持贈藤原朝臣久須麻呂歌二首」である。1首目はこうやって度々久須麻呂より求婚の使いに対して娘はまだ幼いからと断り続けなければならないつらさを歌い、2首目、しかるべき時期にしかるべきお言葉(歌)をいただければきっと意に添えるであろう旨を久須麻呂に告げている。

そして、その父親、家持の思いに応えられぬ久須麻呂ではなかったようだ。「藤原朝臣久須麻呂来報歌二首」がそれだ。「来報(コタ)」ふとは必ずしも実際に久須麻呂が家持の元に訪れたことを意味することとは思えないが、全くその可能性がなかったとは言い切れない。1首目、「菅の根の」はその根の長さから末長き変わらぬ心を示す。即ち家持が、もし待っていただけるのなら・・・と歌いかけてきたことに対しての返答である。そして、2首目、「春雨を 待つとにしあらし 」と歌い、しかるべき時期が来るのを待つとの意思表示がなされる。

かくして大伴宗家家・藤原南家(ただし久須麻呂の父仲麻呂は南家次男)との婚約は成立した。その後、この婚儀が滞りなく相成ったかどうかは推測の域を出ない。巻の十九の4214の「挽歌」と題された歌の左注に「右大伴宿祢家持弔南右大臣家藤原二郎之喪慈母患也」とある、「藤原二郎」を一部でとなえられているように久須麻呂と考えるのならば、上記の歌群においてなされた婚約は履行されたものとみることはできるが、「藤原二郎」を久須麻呂と考えることには異論もあり、確かなこととは言えない。

ただ、両家の婚姻んが成立したかどうかは別のこととして、この時代の娘を持つ父親とその娘を求める男との微妙なやり取りを垣間見せてくれるこの歌群は、その歌の良し悪しをこえてまことに興味深い。

・・・が、この歌群について私が抱いている興味はそこにあるのではない。ならば、私の関心の中心がどこにあるのか・・・<続く>