大和逍遥   

別に運営している「三友亭雑記」というブログのバックアップである。

大和三山と三神山

前回の記事において私は、天武天皇薬師寺を建立する際に大和三山の一つ、畝傍山を強く意識していたこと、そして道教の素養が豊かであった天武天皇はその中で説かれるところの三神山(瀛洲、蓬莱、方丈)の一つ、瀛洲と見立てていたと述べた。そうしてそのように考えたときに一つの疑問が生じるといった。ならばその疑問とは何か。

それは天武天皇はなぜ畝傍山を瀛洲と見立てたのか、と言うことである。「大和には 群山(ムラヤマ)あれど」(万葉集巻二・2)と舒明天皇が歌ったように、大和の地には他にも数々の山がある。そして古くからの信仰を集めているような山も少なくはない。そのような中から、なぜ畝傍山が選ばれたのか・・・・

ここで重要になってくるのが「三」という数字である。前回にも述べたように瀛洲は、道教においての三つの神山の一つだ。ということは大和の地に同様のものを求めるとなれば、それがいくら秀麗な山容を持ち多くの信仰を集めていたとしても、単独の山であっては三神山にはならない。三つの山がセットとなったその一つでなければならないのだ。となると明日香に都をかまえていた天武天皇にとって最も心に焼き付く三つの山とは、今我々が呼ぶところの大和三山、すなわち香具山・耳成山・畝傍山の三山であっただろうことは想像に難くない。盆地上の地形をなす大和平野に、たとえば秋の霧が立ちこめたような朝、少し小高い場所からこの平野を見下ろしたとき、その南端に三つの小島のように浮かぶその大和三山の姿を、今も我々はみることができる。そんな大和三山を古代人がみたときに道教でいうところの三神山と見立てたと考えるのも無理からぬことのように思われる。

つまり天武天皇はこの三つの山を道教の三神山と見立てていたのだ。そして、それは何も天武天皇一人の認識ではなかった。そのことは次の万葉歌からもうかがわれよう。

天降(アモ)りつく 天の香具山 霞立つ 春に至れば 松風に 池波立ちて 桜花 木の暗茂に 沖辺には 鴨妻呼ばひ 辺つ辺に あぢ群 騒き ももしきの 大宮人の 退り出て 遊ぶ船には 楫棹も なくて寂しも 漕ぐ人なしに
                                               

 万葉集巻三・257

ひらがながまだ生まれていない奈良時代以前のこの国において、国語を表記する唯一の方法は漢字の音と訓を利用した万葉仮名しか存在していなかったのだが、この「香具山歌一首」と題された鴨君足人の歌は、その万葉仮名では、

天降付 天之芳来山 霞立 春尓至婆 松風尓 池浪立而 櫻花 木乃晩茂尓 奥邊波 鴨妻喚 邊津方尓 味村左和伎 百礒城之 大宮人乃 退出而 遊船尓波 梶棹毛 無而不樂毛 己具人奈四二

と表記されている。

注目して頂きたいのは下線部である。訳文の「香具山」に相当する部分が原文では「芳来山」となっている。「芳来山」と書いて「かぐやま」と訓ませているのだ。山田孝雄万葉集講義には「『芳』は芳香の義より『香《カ》』にあてたるならむ。玉篇に『芳(ハ)香氣也』とも見ゆ。」(玉篇は中国南北朝時代に編纂された部首別漢字字典)とあるように「芳」を「か」、「来」を訓読みして「く」と読んでいると推定できる。あるいは

ひさかたの天の香具山この夕霞たなびく春立つらしも

万葉集巻十・1812

において、「天の香具山」の部分を万葉仮名で「天芳山」という表記した例も見受けられることからして、「芳」を「かぐはし」と訓み、「芳山」のみで「かぐやま」と読めるところを読み間違いを防ぐためにあえて送りがなとして「来(ク)」の文字を添えたのかもしれない。

いずれにしろ、香具山は万葉集では「香具山」「香来山」と表記するのが一般的で、続いて「高山」「香山」の表記例がある。後の二例については少し説明を必要とするが、ここではなぜあえて異例とも思われる「芳来」の文字を用いたのかについて考えてみたい。

結論から先に言えば「芳来」をそのまま音読すると「ホウライ」となるが、このことによって三神山の一つ「蓬莱(ホウライ)山」を読み手に意識させようとの用字であろうということになる。すなわち大和三山の一つ天の香具山を道教の三神山の一つ蓬莱山と意識していた作者は読み手にその意識を伝えようと少々の読みにくさを生じさせてまでも音にて「蓬莱山」に通じ、なおかつ「かぐやま」とも読みうる「芳来山」という文字を選んだのではないか・・・

以上のように考えるためには、当時、この香具山が人々にどのような山として認識されていたか考えることも必要になってこよう。

上に取りあげた長歌万葉集巻三・257)の歌において香具山の枕詞として「天降りつく」が用いられているが、この「天降りつく」という語はこの香具山が天空、神々の住まい給う高天原より降り来たったと言う次の説話に由来する枕詞である。

伊与の郡。郡家ゆ東北のかたに天山あり。天山と名づくる由は倭に天香具山あり。天ゆ天降りし時二に分かれて、片端は倭の国に天降りて、片端はこの土に天降りき。因りて天山と謂う。

伊豫国風土記逸文

この、「天降りつく」という枕詞に触れたとき、当時の人々はその山の天空とのつながりを意識し、この山の聖性を感じ取ったことであろう。それは同じ万葉集巻三・260に「天降りつく神の香具山」と歌われているところにもうかがわれる。通常「天(アメ)」と形容される香具山は、「天降りつく」という枕詞が付されたとき、人々に高天原に住まい給う神々とのつながりを強く意識させる山となるのだ。

このように考えたとき、「香具山」をあえて「芳来山」と、「蓬莱山」を意識させるような表記にした作者の意図は明らかになる。

かくして、香具山は当時の人々・・・より正確には明日香人にとって「蓬莱山」と意識されていたことが了解されよう。ならば、残りの耳成山、畝傍山はそれぞれが、「方丈」「瀛洲」と意識されていたと考えても大過はないと考えられる。そして、畝傍山と薬師寺、そして天武天皇との関係を考え合わせるならば、畝傍山が「瀛洲」と考えられていたと推定することは蓋然性の高い推定と言うことが出来る。とするならば、必然的に耳成山は「方丈」と言うことになるが、残念ながらこのことの徴証を私は見つけることは出来ない。しかし、その可能性は極めて高かったと言いうるだろう。

そして、今回の推定は藤原京がなぜ今ある位置に造営されたかと言う理由を考えたとき、さらにその可能性を強める。次回はそのことについて考えてみたい。

広告を非表示にする