大和逍遥   

別に運営している「三友亭雑記」というブログのバックアップである。

元興寺の萩は散りにき・・・上

万葉集の巻の六に

白玉(シラタマ)は 人に知らえず 知らずともよし 知らずとも 我し知れらば 知らずともよし

万葉集巻六・1018

という歌がある。「白玉」は具体的には真珠のことを言う。「白玉の真価は人に知られていない。しかし、人は知らなくてもよい。人は知らなくても、私さえ知っていたら、人は知らなくてもよい。」と訳されているようだが、このままでは何を言いたい歌なのかよく分からない。そこで、実際の万葉集にほどこされている題詞(古今集以降は詞書というようだ)と左注の助けを借りてみる。まずは題詞。

十年戊寅元興寺之僧自嘆歌一首

十年とは天平10年、738年のこと。元興寺の僧が何やら自らをあざ笑うかの如くに歌ったとある。では、いったい自らの何をあざ笑って歌ったのか・・・左注を見てみよう。

右一首或云元興寺之僧獨覺多智 未有顯聞 衆諸狎侮 因此僧作此歌 自嘆身才也 右の一首或るは云はく元興寺の僧、獨(ヒト)り覺(サ)めて智(サトリ)多けれども、未だ顯聞するところ有らず。衆諸押し侮(アナヅ)りき。此れに因りて僧、此の歌を作りて、自らから身の才を嘆くなりといふ。

元興寺といえば、南都七大寺の1つ。この国最古の仏教寺院である法興寺(現飛鳥寺)が平城京に移転したものだ。今はすっかりと衰えて、奈良町の一画にささやかな位置を占めるのみであるこの寺であるが、平城の御代には猿沢の池をはさんで北に位置する興福寺とともに、平城京左京(外京)には広大な伽藍群を構成していた。そんな元興寺の僧の一人に「獨り覺めて智多き」者がいた。けれどもその才覚は広く知られることなく、人々(衆諸)は彼を「狎侮」した。そこで彼は自嘲気味に自らの才覚を歎じてこの歌を歌ったのだという・・・という事情を呑み込めれば、上の歌の「白玉」がこの僧の才覚を意味するものであることは容易に了解できよう。そしてその才覚が衆人には知られていないことを嘆きこの歌を詠んだのだ。どこぞの居酒屋のカウンターで焼酎をあおりながら、今日も誰かが呟いていそうなセリフである。

この僧も多分若かつたであろうから、この嘆きをしたのも無理はない。僧中に才能あるものを見ると、還俗《げんぞく》せしめて登庸した時代の次を承けて、僧形のままで國家から重く見られ、社會的に勢威を振おうとしつつあつた時代である。そういう時代を念頭において、この歌を讀んで見るがよい。

との武田祐吉萬葉集全註釋)の説を念頭に置いて読んでみるのも一興であろう。

なんてことを言い出したのはお察しの通り、先日この古寺を私が訪れたからである。九月末、まことに清々しい昼下がりであった。

IMGP2352

上にも述べたが、ささやかな・・・まことにささやかな佇まいである。

伽藍の中枢である金堂、講堂など早くに失われ、僧坊がわずかに残るのみであったうちの、その一室が特に極楽坊と呼ばれるようになる。この場所は奈良時代元興寺三論宗の学僧智光法師が居住した禅室で、我が国浄土三曼荼羅(智光、当麻、清海)の随一である智光曼荼羅(掌中示現阿弥陀如来浄土変相図)発祥の地とする信仰が生まれた。1244年には極楽坊を中心に大改築が行われ、元興寺極楽坊本堂(極楽堂)と禅室(春日影向堂)の二棟に分離された。下の写真がその前者である。

IMGP2351

極楽堂とも呼ばれるこの御堂は寄棟造、瓦葺で、東を正面として建っている。東を正面とするのは阿弥陀如来を祀る御堂の特色である。西方浄土において、東方の穢土に住まう捧げる我ら衆生を見守って下さっている阿弥陀様はいつも東を向いていらっしゃるからだ。鎌倉時代の改築であるが、内陣周囲の太い角柱や天井板材には奈良時代の部材のままだ。また、屋根瓦の一部にも創建当時の飛鳥~奈良時代の古瓦が使用されている。上部が細くすぼまり、下部が幅広い独特の形をしたもので、この瓦を重ねる葺き方を行基(ギョウキ)葺きと いうのだそうな。


私の文章はともかく、文中の智光曼荼羅にはったリンク先は見ものである。決してやましいサイトには飛んだりはしない。是非クリックしていただきたい。思わず合掌したくなること請け合いである。