読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大和逍遥   

別に運営している「三友亭雑記」というブログのバックアップである。

ささゆりの酒・・・その後

P1060668今年に入って、年始早々に「ささゆりの酒」なる一文をお読みいただいた。ことの詳細はそちらによられたいが、簡単にご説明すれば、古来酒造の神として名高い大物主大神を祀った大神神社の神庭を梅雨時分に彩る「ささゆり」から、奈良県酒造協会が酒造用の酵母を発見、分離することに成功。その酵母は早速県内の醸造元に頒布された・・・と言うようなものであった。

その時に皆様にお示しした奈良新聞の記事によれば、その新種の酵母より醸造された清酒は本年の4月から発売されるということであったが、今朝の朝日奈良新聞奈良版にその販売が開始されることを紹介する記事が掲載されていた。

記事によれば、去る4月4日、このめでたき酒の完成を祝う奉告祭が、大神神社にて行われた。「山乃かみ」と名付けられた酵母から醸された清酒(合わせて十ほどの蔵のもの)が神前に捧げられ、4人の巫女が神楽「うま酒三輪の舞」を披露したという。拝殿前では、参拝客に清酒が振る舞われたらしい。ことの事実を知っていれば、その場に私がいなかったはずはあり得ないのであるが、うかつにもこの情報を聞き漏らしていた。今となっては、このめでたき酒をどこぞの酒屋で見つける日を待つのみである。