読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大和逍遥   

別に運営している「三友亭雑記」というブログのバックアップである。

今週の三輪山・・・大美和展望台より

2015年4月11日午前9時ごろ

IMGP4550

夜来の雨も止んで、いつもの週末の通り大神神社の参拝をかねてのお散歩。ただし今日はいつもとは順番が逆で、先に大美和展望台によってから大神神社へと向かう。展望台にはソメイヨシノをはじめとした幾種もの桜が植えてある。大和ではすでにソメイヨシノの季節は過ぎたが、その他の幾種かの桜はまだかろうじて咲いている。そんな桜たちを楽しみに今日は家を出た。

上の写真はそんな桜越しに見える三輪山。いつの間にか木々はそれぞれの新芽を育み始め、様々な「緑」のモザイクを織りなしている。もう一月も立てば、このモザイクは絶頂を迎えることであろう。そんな季節が楽しみでならない。

振り返ると・・・

IMGP4548

雲が多く、あまり遠くは見渡せないが、かろうじて大和三山が見える。写真中央の円錐状の山が耳成(みみなし)山。その左にやや霞んで見える・・・これまた円錐が畝傍(うねび)山。そして左の端に平たく押しつぶされたような山が(あめ)香具(かぐ)山(「天」は「あめ」と訓む。これを「あま」と訓むのは平安朝以降)。

中大兄 三山の歌 香具山は 畝傍を()しと 耳成と 相争(あひあら)ひき 神代より かくにあるらし (いにしへ)も しかにあれこそ うつせみも 妻を争ふらしき 天智天皇万葉集巻一・13

さて、何時までも桜に見とれているわけにはいかない。本来の目的の大神神社に向かわなくては・・・

IMGP4555

参拝が終わった後、ふと思い立って拝殿の横の心当たりの場所へ向かう。案の定、銀竜草がその透き通った頭をもたげていた・・・

 

ギンリョウソウ