大和逍遥   

別に運営している「三友亭雑記」というブログのバックアップである。

銘酒 日高見

郷里の宮城に住む叔母が一本送ってくれた。酩酒「日高見」の夏吟醸である。

日高見

日頃このブログの中では郷里の酒として、「浦霞」のことばかり話しているが、何も宮城の酒は「浦霞」だけではない。他に幾つだっていい酒はある。

奈良ではなかなか手に入りにくい「浦霞」にかえて、いつも飲んでいるのは、奈良でも手に入りやすい「一ノ蔵」。

そして、伊達藩ご用達であったという「勝山」。

私の高校の先輩が営んでいらっしゃる蔵の「墨廼江すみのえ」。

いずれも愛すべき酒たちであるが、その中でも私が気にいっているのが、この「日高見」である。これまで私はこの銘柄の本醸造の辛口や

純米を口にしてきたが、いずれも私の「好み」・・・(端麗とか芳醇とかいう表現もあるだろうが、結局は自分の口に合うかどうかが問題なのだ)・・・であった。

しかしながら、これがまた奈良では手に入りにくい。「浦霞」ならば、まだ苦労すれば何とか見つけることが出来ないではないが、この「日高見」はまず見つけることが出来ない。だから、今回の叔母の心遣いは本当にうれしかった。しかも期間限定の「夏吟醸」ときている。これは心して飲まねばならない。

いつもなら手に入れた酒はすぐに栓を切って試してしまう私なのであるが、このような酩酒は仇や疎かな飲み方はできない。それにふさわしい酒肴をもってして、それにふさわしい時を選び・・・と思っていたのだが、その崇高なる決意もたった一日で崩壊し、昨日の晩、漬物をあてにして飲んでしまった。

果たしてその味は・・・

「好み」である。いわゆる「いくらでも飲める」酒だ・・・・つまり、飲みだしたならば際限がなくなってしまう・・・とても危険な酒である。今日は試し飲みだと心に決めて湯呑み1杯半で我慢した(そんな自分がとてもえらく思えて、誰かに褒めていただきたいような気分だ)。そして思った。明日は盆も明け、今回の夏季の休暇の最後の日。前からちょいと近江の方に足を延ばそうと思っていた。そこでふさわしい酒肴を探そう・・・と。

無論その際は酒器にもこだわりたくなるというもの・・・けれども、ただ、そう多くの機会に飲むわけではない酒のために高価な酒器を贖うわけにはいかない。したがっていつも使って居る酒器でこの銘酒を楽しまねばならない。

酒器4774

左の方口は2年前宮城に帰った時に、今回酒を送ってくれた叔母にいただいたもの。手ごろなサイズで飲みすぎることがなく、実に気にいっている。右端のぐい飲みはもう20年以上前に仕えた職場の上司にいただいたもの。酒好き、うまい物好きの上司だった故なかなか趣味の良い備前である。長く使いこんでいるうちに内側には何とも言えぬ光沢が生じてきた。真ん中は自分で購入したガラスのぐい飲み。金箔が散らしてある。こちらはどちらかと言えば夏専用である。

ところで「日高見」とは辞書によれば、古代日本おいての大和または東北地方の美称だという。大祓詞には

大倭おほやまと日高見の国を、安国やすくにと定め奉りて

と、大和のことをさしてつかわれているが日本書紀景行天皇27年)には

東の夷の中に日高見の國有り、其の國の人、男女並に椎結かみをわけ、身をもどろけて、爲人ひととなり勇みこはし。是を總べて蝦夷と曰ふ。亦、土地くに沃壞えて曠し。撃ちて取りつべし。

椎結文身・・・髪を椎のような形に結い、体に入れ墨を施すこと

とあり常陸国風土記逸文釈日本紀矢田部公望私記)には

難波長柄の豊崎の宮に御宇あめのしたしらしめしし天皇の御世の癸丑みずのとうしの年、小山上しょうせんじょう物部河內もののべのかはち大乙上だいおつげ物部會津もののべのあひづ等、總領高向たかむこ大夫等に請ひて、筑波、坎城うばらき郡七百戶を分け、信太しだ郡を置く。此の地、本は日高見の國なり。

小山上・大乙上・・・649年から685年まで日本で用いられた冠位の名称。

總領・・・上代の地方行政官。筑紫・吉備(きび)などの要地に置かれ数か国を統治した。

ともあり、大和から見て東方の国々・・・すなわち関東以東の地をさす語として用いられている。「北上」川の「北上」という語もこの「ヒダカミ」という語が訛ったものである・・・という話を小学校の頃聞いたことがある。良く調べると、なんでもこれは金田一京助あたりが言い始めたことなのだそうである。

だから・・・今あるのかどうかは知らないが、私が小学校の頃、石巻市を中心とした地域には小中学生の優秀な作文(読書感想文だったかな?)を集めた文集が毎年編纂されていて、その名を「日高見」と言っていた(ように記憶している)。むろん石巻市を流れる北上川からその名をいただいているのであろう。実はこの作文集に私の作文が一度だけ収録されたことがある。夏休みの宿題かなんかで書いたやつが選ばれたわけだが、それは何も私の文才を裏付けるものではない。なんとなればその作文は夏休みも後半にさしかかり、宿題の消化に苦しんでいた私を見かねた母親の筆によるものだからである。


以上は本日の朝に書いたもの。今、近江より帰り加筆している。上に「前からちょいと近江の方に足を延ばそうと思っていた。そこでふさわしい酒肴を探そう」と書いたが、適当なものが見当たらなかったゆえ、間もなく我が家・・・という場所の柿の葉寿司を売っているお店に立ち寄った。

「飯もの」ではあるが程よい酸味と塩味・・・これまた乙な酒肴である。

広告を非表示にする