読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大和逍遥   

別に運営している「三友亭雑記」というブログのバックアップである。

9月27日の月の夜は・・・

大和のこと

今日は9月27日、旧暦で言えば8月15日。仲秋の名月た。

IMGP4929edited

ということで、昨年に引き続き大神神社の観月祭に出かける。昼の内から様々な催し(句会・茶会等)がなされているのだが、私が行ったのは夕刻6時半から行われる観月祭。神楽や舞楽の奉納、雅楽演奏などが祈祷殿前の斎庭にて行われるのを楽しみにしている。 IMGP4970

参道は写真のように灯りが焚かれ、いつもの清涼の気とはうって変わっての幽玄な雰囲気。

IMGP4921

いつもお参りしている本殿だってご覧の通り。少々ぼやけているのはご愛嬌。仕方がない・・・私が撮ったんだから・・・

IMGP4934

本殿横の祈祷殿前の斎庭ではすでに観月祭は始まっており、4人の巫女により御神楽が舞われていた。

IMGP4946

そして・・・真打登場である・・・蘭陵王・・・については去年詳しく書いたのでここでは触れない。

IMGP4954

しずしずと舞台上に上がった蘭陵王は、楽の調べに合わせ・・・ゆっくり・・・ゆっくりと動き始める。

IMGP4955

そして・・・舞は最高潮に達する。

IMGP4964

ということで、今日は少々写真に頼った記事となってしまったが、まあ、晩酌のあとの心地よい時間帯をおして出かけ、わざわざ出かけたのだから、その分は評価していただきたい。