大和逍遥   

別に運営している「三友亭雑記」というブログのバックアップである。

どうにも捨てきれないのだ

7月の24日を迎えると、私がこのブログなるものを初めて、まる3年が経ったことになる。飽きっぽい私にしてみれば、よくもまあここまで続けられた…との感が強い。

ただ・・・引っ越しだけは数多く繰り返し、いつもおいでくださっていらっしゃる方にはいろいろとお手間をかけた。思い返せば、北窓三友の名で始めたこのブログ、途中何度かその名をかえ、利用するブログサービスも頻繁に変え・・・ということを繰り返してきた。

けれども、今のgoogleのブロガーというサービスを利用したサイトと、自前で借りて運営しているワードプレスを利用したサイトと・・・全く同じ内容のものを二か所にアップするという形を取り始めてから、(ほぼ丸一年、正確には明日7月22日がその日)になる。

引っ越しを繰り返すたびに・・・それまで書いた自らの文章を読み返し、その都度あまりの拙さに赤面するあまりに、それまで書いた多くの文章はすべて(ごくわずかな例外を除いて)捨てた。したがって、ブログを始めた当初自分がどのような文章を書いていたのか・・・今となっては確かめようもない。残っているのは昨年の7月22日以降のもののみだ。あとは潔くすべて捨てた。

・・・といいながら、どうにも捨てきれない文章がいくつかある。もし、時間に余裕を持っておられるなら、ココをちょいとクリックしていただきたい。そこにはあれも捨て、これも捨てしながら、最後に残されたいくつかの文章がそこにはある。別にいい文章だなどと思っているわけではない。ただ・・・・どうにも捨てきれななかったのだ・・・・